スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■科学の楽しみ:2

■科学の楽しみ:2

一歳になったばかりの娘を観察していると、世の中の全てが不思議でたまらないんだろうと思う。赤ん坊はずいぶん早い時期から親の一挙手一投足を注視している。赤ん坊は一日の大半を、眠るか注視するかのどちらかで過ごす。

そのうち言葉を発するようになると「なんで?なんで?」攻撃が始まるかと思うと楽しみで仕方がない。

電車やバスに乗っていて、幼児がお母さんに投げ掛ける質問の面白さといったら!
僕は、少々申し訳ない気もするが、「このお母さんは何て答えるんだろう」と、ワクワクしながら聞き耳を立てている。

子どもの発する素朴な疑問は宝物のようなものだ。もし科学を学ぶ受験生が同じような好奇心を抱けるとしたら、「砂を噛むような味気ない」、無味乾燥に陥りがちな受験勉強にもきっと潤いが与えられるだろうと思う。

そこで、問題。

問題D:
セッケンは使い始めが一番よく泡立つ。使い続けていると明らかに泡立ちが低下し、洗浄力が低下するような気がする。これは何故だろうか?

問題E:
30℃の水温は冷たく感じるが、同じ30℃の気温は温かく感じるものだ。この違いはどう説明できるだろうか?

問題F:
冬になるとハクチョウやタンチョウヅルは、氷点下の水に脚を浸して眠っている。羽毛のある部分は納得できるとして、脚には羽毛が無く、爬虫類のような肌で覆われているだけだ。それで体が冷えてしまわないのだろうか?


前回エントリの答え
問題A:時速300km 
問題B:どちらも等しい 
問題C:進行方向逆向き、つまり後ろ向きに傾く
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■科学の楽しみ

■科学を学ぶ楽しみ

スーパーマリオはジャンプした後に空中で向きを変えることが出来る。ルパン三世は落下しながら、まるで空気中を泳ぐかのようにして落下速度を変えることが出来る。

もちろん現実ではありえないし、我々だってそれを十分に知った上でフィクションの世界を楽しんでいる。

別に高度な科学を学ばなくても、人は生まれながらに自然現象を鋭く観察している。それが受験生くらいの年齢になれば、かなりのことを分かった「つもり」になっている。そして、実際に試さなくても、つまり実験しなくても、「それをこうしたらああなるだろう」という、いわば脳内シミュレーターが機能することで、「予想」出来るようになる。

ところが、この脳内シミュレーターがクセモノだ。人間の直感は時として驚くほど役に立つときもあるが、悲しいほど人を惑わせることもある。

例えば次の問題を、直感だけで答えてみて欲しい。

問題A
「時速100kmでまっすぐ自分に向かってくる電車に、時速100kmでまっすぐボールを投げることを考える。電車の質量はボールに比べて無限に大きく、(専門的な言葉を使えば)完全弾性衝突するものとする。ボールは電車に跳ね返ってまっすぐ自分の元へ飛んでくるが、このときのボールの速度は第三者からみて時速何kmだろうか?」


問題B
「同じ百円ライターが二つある。ひとつは中の液化燃料(ブタン)が2割しか残っていない。もうひとつは8割残っている。どちらも気相、つまり気体の部分があるが、それではどちらの気相の気圧がより大きい値を示すだろうか?」

問題C
「窓を閉じた電車の中で、ヘリウムガスが入った風船のヒモを床に固定する。電車が出発すると、風船はどのような動きを示すだろうか?」


難易度でいえばC>A>>Bといったところか。
問題Aは高校物理の初歩を学んでいれば容易に解答できるが、直感だけで答えられる人は滅多にいない。問題Bは高校化学の基礎であるが、大人ならまず間違えないはずだ。しかし小中学生は面白いように間違える。問題Cは厄介だ。例えば東大物理学科の友人に出題したときは、正答率は1割ほどだった。ただし問題Cは今やとても有名な問題なので、既に知っている人は多いかも知れない。

僕が受験の科学を飽きずに学んでこられたのは、自分の直感がときに顕す「いい加減さ」に驚き、より高度な脳内シミュレーターを構築することに楽しみを見出せたからだろうと思う。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

小橋哲之

Author:小橋哲之
小橋塾塾長

外科医

三児の父

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。