スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■教えることと教わること

■教えることと教わること

「先生、クラスメイトに説明する(教えてあげる)のって勉強になりますね」
そういう受験生は大事なことに気付いている。

考えてみて欲しい、難関大を目指す受験生諸君。
君たちは来年の春から家庭教師や塾講師のアルバイトが出来る。いくらでも需要がある。東大に入ってバイトして、お金を稼ぎたいと思う人は少なくないだろう?

今は自分の勉強に一生懸命な君たちは、わずか数ヶ月後に、今度は教える立場に回るのだ。そこにちゃんと気付いているかい?想像できるかい?

僕は毎年の生徒にこう言ってきた。
「君たちは教壇に立っている僕の話を、『自分だったらこう説明するのに』『この説明はなかなか上手いな、家庭教師するとき真似しよう』『その説明じゃ、初学者には分からないよ…』、そういう目線で聴いて欲しい」

「別に家庭教師なんかやりたくないですよ」なんて言わずに聞いて欲しい。大切なのは、「誰かに自分の理解を伝えるということは、最低でも自分の理解が深く正確でなければならない」ということなんだ。人間は何となく理解していることを、何も理解していない人に何となく理解させることすら出来やしない。

人間は言葉で考えを伝える生きものなので、誰かに理解して欲しい抽象概念があれば、とにかく先ずはそれを言葉で表さなければならない。ここが第一関門だ。

次に、その言葉は相手が理解しうる形式に推敲しなければならない。この表現を相手はどう受け取るかな?と、常に自問する必要がある。ここが第二関門。

相手が理解したことを確認するのも言葉なので、相手の言葉を汲み取る力も必要だ。これが第三関門になる。

このキャッチボールを通じて自分の理解の間違いに気付く機会も得られるし、思わぬ新しい理解に到達することも稀ではない。僕が常に対話型の講義をしてきたのはここに重点を置いていたからだ。自分が学ぶために生徒を利用したと言っても過言ではない。(さらに言えば、講師生活の実感として、相手に100まで理解して欲しければ、自分は300を理解していなければならないということも記しておきたい)

人にものを教えるというのはそういうことだ。そして、例えば東大受験生のうち、既に教える側の視点で受験勉強している人が少なからずいるという事実を知って欲しい。

そうだな、例えば「酸化還元反応」という非常に大雑把な概念を、化学を初めて学ぶ高校一年生にどう教えるかい?「触媒」という言葉をどのように説明すれば、そこら辺を歩いている人に理解して貰えるだろうか?

そういうことをたまには考えてみるといい。自分が家庭教師や塾講師として、黒板の前にチョーク一本だけ持って立ったときに、どのような授業をするだろうか。

ほら、不安になっただろう?自分の理解がいかにあやふやなものか、恐くなっただろう?教科書を確認したくなっただろう?

そういう目線で勉強できればちょっと強いんじゃないか。

ま、分かる人が分かってくれればいい戯れ言だけれど。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■来年度、受験する方へ(5)

■来年度、受験する方へ(5)

専門用語の定義を押さえる。

今さら何をそんな当たり前のことをと思うかも知れないが、まぁ騙されたと思って点検してみるといい。より高みへ確実にステップアップできるから。

例えば小橋が最初の授業で必ず訊く質問。

「原子量って何?」
「質量数って何?」
「アボガドロ定数って何?」
「イオン反応式って何?」
「そもそもモルって何?」
「イオン化エネルギーって何?」
「電子親和力って何?」
「イオン化傾向って何?」etc.

いずれもどんなに薄っぺらな教科書にも必ず定義が示されているはずのもので、どんな受験生でも絶対に見たことのある言葉なのに、多くの(自称)ハイレベル受験生は説明に詰まる。何とかあやふやながらそれらしい定義を言える生徒でも、「じゃあそれを初習者に説明してみて、彼らが理解出来るように」と言うと途端に自信をなくしてしまうだろう。初習者に胸を張って「この言葉の意味はこうだ!」と言えないようでは一流の受験生を名乗れない。

化学がイマイチ伸びないと悩んでいる諸君。或いは、誰よりも少ない労力で化学を得意にしたい諸君。ノートを一冊用意しよう。そして、教科書の太字(或いは諸君がこれはと思う専門用語)を見出し語にして、その言葉の定義を一行で説明してみよう。必ず一行で、だ。言わば、非常にコンパクトな化学用語辞典を自分で作ってしまえということだ。

もちろん、あらゆる専門用語を一行で完璧に説明することなんか不可能なのだが、最低限これだけは述べねばならぬであろうことを抽出し、取捨選択し、何とかまとめてみて欲しい。この作業は非常に為になる。

この際、完璧主義に陥ってはならない、という注意を念のためにしておく。

別にこのオリジナル辞典は人に見せるものではないので気取って丁寧に書く必要はないし、間違ったり不十分だったりすれば気付き次第加筆訂正すればいいし、教科書の太字以上にマニアックなものまで拾えばそれだけで時間と労力を浪費しすぎるし、あくまでも化学のイロハを自分なりに整理するというスタンスで簡単にまとめればいい、ということを忘れてはならない。辞典作りに熱中したり、問題を解く時間を惜しんだりしてしまうようでは本末転倒である。

このようにして、自分が絶対に自信を持って使いこなせる言葉を一個ずつ増やしていこう。30個も拾えば違い(成長)に気付く。60個も拾えば別人になる。200個も拾えばもう高校化学の理解はかなり完成に近いものになるだろう。教科書の太字とはそういうものだ。

これを今からコツコツやるか、それとも数多くの参考書を読み、数多くの問題集を解くことで自然に用語の意味を把握するのを待つか、どちらが賢い学習法だろうか(もちろん、両方行うのが一番優れているのだが)。

「専門用語の定義確認」の重要性を、賢い受験生なら言われなくても理解しているものだが、殆どの受験生はなかなか気付いてくれないものだ(僕が幾度力説しても!)。本番直前に自分の理解があやふやなことを知って愕然とする人が大変多い。

「自分の伸び悩みは案外基礎があやふやだからではないか」と感じた諸君、ぜひ試してみて欲しい。

そして、既に気付いている諸君もいるだろうが、この学習の有効性は化学にとどまらない。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■来年度、受験する方へ(4)

■来年度、受験する方へ(4)

前回(3)で少し触れたが、「机に向かっているのに頭に入っていかない」「勉強してもすぐに抜け落ちていく気がして不安です」、そんなことを訴える生徒に指導してきたことをここで紹介する。

教科書や問題集に書いてある説明を読んでもそれが脳に浸透・沈着しない理由。ひとつは集中していないから、もうひとつは「その説明を、本当の意味で理解出来ていないから」。

勉強していて一番恐いのは、本当は理解していないのに「理解しているつもり」に陥ってしまうことだ。どんな受験生も程度の差はあれ必ずここでつまずいている。必ずだ。読者の諸君も「理解したつもり」を最も憎んで欲しい。恐れて欲しい。

話を戻すが、「勉強しているんですが…いまいちなんです」という受験生の多くは参考書や問題集の解説をちゃんと読めていない。懸命に字面を目で追っていても、その解説(を記した著者)が諸君に本当に伝えたいことを読み取れていない。それは何故か。

頭が悪いからではない。本来「共有されるべき言葉」が共有されていないからだ。

例えば「ショック」という言葉がある。一般的には「驚き傷付いた感情」などを意味するだろうが、医療従事者にとっては「血圧が低下して死に瀕した極めて危険な状態」を意味する。医者が「あなたのお母さんはショック状態です」と述べる状況を思い浮かべれば、「言葉が共有されていない」という状況がいかに困ったものであるか分かるだろう。

もちろん、医師が一般人に向かって「ショック」という専門用語を使うのは適切ではないし、それで困惑したとしても患者サイドは何ら恥ずかしく思う必要もない。何故なら医療従事者と非医療従事者は「言葉を共有」する必要がないからだ。

しかし、受験参考書は違う。

参考書の著者は読者が自分たちと同じような言葉のユーザーであると信じているし、或いは読者が同じ言葉を共有したいと歩み寄ることを当然と考えている。従って、例えば僕が教壇に立っていて、「自分の使った専門用語(ごく平易なものですら!)を生徒が理解していない」と知ったときほど脱力するものはない。

予備校の授業でも問題集でも、講師・著者がどんなに分かりやすく「説明」したところで専門用語の使用を避けることは出来ない。専門用語を駆使しなければ正確に伝わらないのが学問であるし、その為にこそ専門用語が発明され、定義付けられてきたからだ。

「温度」という言葉は小学生でも知っている。しかし、世の中の高校生で、高校理科の範囲での正確な定義を述べられる者がどれだけいるだろうか。そして、やはり誰でも知っているはずの「熱」という言葉との違いをどれだけきちんと認識しているだろうか。

「温度」や「熱」といった、余りにも平易で余りにも見慣れた「専門用語」こそ盲点になる。ここを確認していなければ、化学の反応速度理論も質量作用の法則も、いつまで経っても表面的な理解(とはとても言えないだろうが…)にとどまるだろう。

各教科の専門用語の定義をまず確実に自分のものにしよう。その為にはこまめに辞典を引き、口頭あるいは記述を通じて先輩の目に触れて貰い、自分の理解の正しさを確認するしかない。

高校化学を学ぶとき、その用語の定義を最も上手に教えてくれるのは高校教科書だ。「教科書を読め」と小橋が口を酸っぱくして訴えてきたのはこういう理由がある。高校教科書以外でとなると、小橋は三省堂の『化学小事典』を勧めてきた。間違っても予備校出版物や参考書に求めてはならない。出版までに費やされた頭脳の質と労力の桁が違うからだ。

東大化学の問題を作る人、採点基準を考える人、採点する人。それらは全て化学の専門家であり、専門用語を日常的に使いこなしている人たちだ。彼らに挑むには、まず最低限同じ土俵に立つための、「言葉を共有する」努力から始めたい。

(5)では具体的な勉強法(言葉の定義の習得について)を紹介したい。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■来年度、受験する方へ(3)

■来年度、受験する方へ(3)

「どの問題をどの程度こなしたらいいのか」

この判断の匙加減が難しい。小橋の場合、二度の東大受験では明らかに全科目の理解度・習熟度が異なっていたし、それを当時使用していた教材やノートなどを通じてある程度評価することも出来るので、例えば理科一・二類に合格するならこの程度、理三・京医を受験するならあの程度、という感覚を塾生に伝えては来た。

が、そうはいっても塾生にとっては抽象的アドバイスに変わりはなく、テキストや赤本の問題を逐一持ってきては「この問題の答えはこんな感じでいいですか」「先生だったらどう答えますか」のような具体的な目星を求める者も多かった。赤本の答えも、僕から見て「ここまでは要求されてないでしょ!」と思うものもあれば、「いやいや、全然不十分でしょ!」と突っ込みたくなるものもある。

この匙加減は本当に感覚的なものだ。

特に僕の場合、化学に限らず受験勉強は体育だと思っているので、「基礎を固める」ことは「反射的に方針が立ち、解法を想起できる」ことだと指導しているのだが、この「反射的に」という言葉もまた抽象的であり、生徒を惑わしたこともあるようだ。

『基礎が固まった生徒』というのはどういう生徒を指すのだろう。
例えば数学。全分野の教科書例題クラス(章末問題クラスではないぞ!)で、一目見たときに「これから何をすべきか」「どのような道具=定理や公式を使えばいいか」という方針が豊かに溢れ出すことを言う。

与えられた条件、数式を見たときに、「この問題を解くには相加相乗平均がキモだな」「これは分子を有理化すればいいな」と思い浮かぶ。化学であれば「これは状態方程式よりもボイルの法則だな」「それはソルベー法の類似反応だね」と閃く。

そして、教科書の太字クラスの重要単語はちゃんと正しい定義を口頭で述べることが出来ること。「ケーリーハミルトンの定理」「平均値の定理」、「ヘンリーの法則」「飽和蒸気圧」「芳香族」。別にマニアックなもの、マイナーなものなんか後回しで良いんだ。

こういう段階まで何とかよじ登っておかないと(これは自力でこなせるものだし、自力でこなすべきものだ)、どんなにいい問題集を解いても、どんなにいい授業を受けても、まるで意味がない。塾なり予備校なりの講義でこの基礎固めを期待しているようでは話にならない。もちろん、基礎固めを謳う講義もあるのだが、原理的にどう考えても「全然授業時間が足らない」はずであるし、各自のペースが異なることを考えればこのような基礎固めを授業料の高い集団教育に期待するのは非効率的であり、結局は気休めでしかないと断言する。

理想的には、この基礎固めは授業時間に余裕のある高校の授業を活用するのが賢いだろう。どんなに有名・良質な現役塾に通っていても、高校の授業を疎かにするようでは話にならない。

続きはまた。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■来年度、受験する方へ(2)

■来年度、受験する方へ(2)

承前

まずは基本となる『型』の習得が大事だ。絶対に、何よりも、それこそが大事なのだ。

小橋のいう『型』とは、頭で理解していることを、特段の意識を要さずに、自然と手が動くような、ほとんど身体的反射運動のような段階まで習熟した状態を指す。

独創性だとか思考力だとか柔軟な応用力だとか「ひらめき」だとか、全て「型」を習得したあとで意味を成す言葉である。その点で、真の受験勉強は音楽などの芸術や、武道・スポーツの習得などと何ら相違ない。ここをしっかり踏まえている受験生が驚くほど少ない。ただ漫然と手を動かしているだけではダメなのだ。

化学でいえば、気体の挙動に対してボイルの法則、シャルルの法則、ボイルシャルルの法則、状態方程式、分圧の法則、蒸気圧といった化学法則・概念の中から、いちいちその定義を思い出すまでもなく、問題文を一読しただけで最も有用なものを選択して最も端的な方程式を立式し、それを速やかに解くといった、東大合格者がそれまでに何百回繰り返してきたか分からないほどの「単調作業」を手に覚えさせることだ。

「そんなことの重要性は今さら言われるまでもない」と言うかも知れないが、今までの生徒達を見ると、その大事なことがてんで分かっていないじゃないかと悲しくなることの方が圧倒的に多かった。諸君が習得すべき『型』は「最も応用の利く形式」であるに越したことはないが、「最も応用の利く形式」とは、多くの志の高い東大受験生が考えるほど高尚なものでもないし、難解なものでもない。そこに一刻も早く気付いて欲しい。

難関化学の鍛練にはもちろん総合問題集が有用であるが、主眼が『型』の習得であるのならば、敢えて難しい問題集を選ぶ必要など無いし、むしろ有害ですらある。

東大受験生の多くはミーハーであり、また東大の出題に難問が多いこともあり、どうしても難しめの問題集に手を出しやすいのだが、ろくに『型』を獲得していない者が例えば『新理系の化学100選』(駿台)だの『化学の新演習』(三省堂)だのに飛び付くと全くろくなことがない。はっきり言おう、東大理三対策ですら総合問題集としては『重要問題集』(数研出版)だけで十分なお釣りが来るものなのだ。それどころか『セミナー化学』などの、一部受験生が軽視しがちな教科書傍用問題集の方がよっぽど役に立つんじゃないのかと言いたくなる東大受験生の方が多いのが真実だ。

実際、小橋の生徒で理三や京医、阪医に進学した者のなかでも市販教材は『重要問題集』のみという者も決して稀ではなかった。中高一貫校で早い時期から化学を学習し、かつこれから浪人する(つまり既に受験生として標準的な学力がある)のであれば、かつ既にそれなりの『型』を習得したと信じるならば、『100選』『二見ハイクラス』『新演習』に手を出すのを止めはしない。止めはしないが、諸君に足りないのが「解答速度」であり「処理精度」であると自覚しているのなら、計算ドリルのつもりでより平易な問題集を複数回やり込んだ方がいいと僕は信じる。

長くなったので続きは次回。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

小橋哲之

Author:小橋哲之
小橋塾塾長

研修医一年生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。