スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■大事なこと

■大事なこと


復習できないなら塾を止めろ!

高校の授業は絶対に疎かにするな!

一刻も早く過去問を解け!


最近こういうお返事ばかり書くようなご相談が多いので太字でアップしておきます。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■参考書(08) 『難関大への演習 化学』

■『難関大への演習 化学』

絶版!『難関大への演習 化学』Z会出版

オススメ度:古本屋で見付けたら迷わずゲット!


東大・京大・早慶の4大学の過去問そのままという、ある意味非常に「お金の掛かっていない」問題集なのだが、以下の点で興味深い。

・2002年の出版なので、10年以上昔の4大学の過去問を楽しめる。これは貴重だ。

・東大受験者は京大の、京大受験者は東大の、東大・京大受験者は早慶の、それぞれの過去問をちゃんと解く機会は滅多にない。

・各大学の難問の中でも演習効果の高い有名問題を抑えてある。無駄に難しい問題は排除されている。

もうやることがなくなって来た…そんなあなたにこの一冊。Z会出版もこの時期を境にふぬけた本ばかりになってしまった…。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■参考書(07) 『医学部攻略の化学』

■『医学部攻略の化学』

河合塾『医学部攻略の化学』

オススメ度:特定分野の補強に使うなら一考の価値アリ


少々値の張る問題集。有機化学分野や平衡理論などで面白い問題を収録しており、それだけが本書の存在価値。全問を解いたからといって決して隙のない学力が付くわけでもないし、解説もおざなりで、はっきり言うと「手抜き」に近いのだが…。過去問を見て斬新な出題傾向を示す大学を志望するなら覗いてみては。

余談だが、同シリーズの物理や生物は本書よりもずっと完成度が高い。腹立つなあ、もう。あ、やっぱり悪口も書いてしまうのか…。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■参考書(06) 『こだわって!』

■『こだわって』シリーズ

河合塾『新こだわって!国公立二次対策問題集化学』

オススメ度:特定分野の補強に有用


全部で4冊。なかなか面白い問題(過去問)が載っている。使い方としては、酸塩基理論や分配法則など、『重要問題集』などの総合問題集だけではどうしても演習不足、類題不足になってしまう特定分野の補強用途に向く。『重要問題集』の代替になるものではない。

簡単~標準な問題が多いので、人によっては全問解く必要はない。ある生徒には<難>マークが付いているものだけを薦めていたこともある。

このシリーズは使いやすいので、幅広い受験生にお奨めしたい。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■参考書(05) 『化学I・IIの新演習』

■『化学I・IIの新演習』

三省堂『理系大学受験化学1・2の新演習 改訂版』

オススメ度:総合問題集を使って総点検したい化学既習者に


数研出版の『重要問題集』に比べ、「難しい」「理三や京医志望じゃなきゃオーバーワーク」などの評価が定着している本書だが、個人的には別に難しいとは思わない。というより、東大などで要求される『思考力』を重点的に鍛えるには向いておらず、どちらかというと『新研究』に通じるような「知識や理解の確認」に重きを置いている。この点には十分に注意して欲しい。本書を完璧にしても安心してはダメ。

また、『重要問題集』と違い、基礎~標準以下の問題がほとんど掲載されていないので、総合問題集で基礎固めをしたい現役生・化学の苦手な受験生には薦めたくない。駿台全国ハイレベル模試で偏差値70近く取れているのなら、知識の確認・あら探しに使うのは良いだろう。

それでは、現役生や化学の苦手な受験生には本書は無駄か、というとそうではない。『セミナー化学』や『重要問題集』を中心に標準問題を征服し、志望校の過去問に(一刻も早く!)取りかかり、各自の苦手分野や演習不足分野の類題を本書に求める。それが賢いのではないか。

受験生が参考書や問題集を買い漁り、いっぱしの評論家気取りになることは絶対に避けねばならないことではあるが、そうはいっても意外と多くの受験生は周囲の評判に釣られて買ってしまった問題集が何冊もあるだろう。その全てをやる必要はないが、その全てを捨てる必要もない。上記のように一冊の問題集を軸にして、苦手分野を自分の蔵書の中から探し出して補強する、これが一番効率的なのだ。

なお、本書に限らず、一冊の問題集を一回しか解かないのであれば初めからやらない方が良いぞ。もちろん初回で正答した問題まで復習する必要はないが、そうでない問題については(出来れば)五回も六回も繰り返した方が良い。

そういう意味では本書はボリュームがあり、かなり時間的余裕のある受験生でないと五周どころか二周すら厳しいだろう。

はっきり言うが、普通の東大理三受験生、京医受験生なら『重要問題集』で十分だ。それ以上の問題集を望むなら東大の過去問をゼヒどうぞ。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■参考書(04) 『新化学小事典』

■『新化学小事典』

三省堂『新化学小事典』

オススメ度:ゼヒ!


前回『新研究』を事典代わりに使うなと書いた。辞書・事典とは「ある語句の概念を正確かつ端的に、即座に指し示すもの」でなければならない。そして、あらゆる(必要十分な量の)専門用語を扱っていなければならない。その点『新研究』は事典たり得ない。

小橋のイチオシは三省堂の『小事典』である。ポケットサイズでありながら大学初等レベルまで対応する豊富な内容。冗長を廃し、ごくシンプルに。かつ、各項目の解説の中に、本書の見出し語が含まれていれば、それを「*」マークで示してくれる。

僕は高校時代、これの第4版を、手垢にまみれて薄汚れ、人前に出すのが恥ずかしくなるほど読み込んだ。いわゆる『芋づる式』に、ある項目を読んで「*」マークがあれば次はそれを読む、というように。『生物小事典』『物理小事典』も同様だ。僕は三冊の『小事典』を常にカバンの中に入れて持ち歩いていた。電車に乗っていても授業中でも食事中でも、ふと疑問が浮かべばすぐに参照する習慣が出来上がっていた。

この本の凄いところは高校生が高校化学で疑問に思うであろう、或いは必要に迫られるであろう情報を、かなりの確率で与えてくれることだ。「硫酸ニッケル」という言葉が頭に浮かんだとき、「あれ、これはどれくらい水に溶けるのかな?」とか「結晶は何色かな?」とか「水和水はいくつかな?」とか、まぁ受験上どうでもいい内容までカバーしてくれる。それこそが「事典」としての存在意義ではないか。

逆に、これに載っていなければ「ああ、必要のない情報なんだな」と判断するための大きな根拠になりうる。インターネットが普及した現在、専門家ですらどうでもいいと思うような情報まで高校生が入手できるようになったが、その情報の重みまでは教えられることはまずない。文字通り、情報の海に飲まれてしまうのが関の山だ。

さて、今どきの電子辞書にはこれら『小事典』が搭載されているようだが、僕はやはり紙の事典を買うことを強くお奨めしたい。というのも、電子辞書って案外使わないんだよねえ、みんな。もちろん英和や広辞苑はそれなりに使うんだろうけど、それ以外のオマケ事典・辞書って滅多に開かない。僕の生徒を見ていてもそう。宝の持ち腐れ。

それに、こういう事典で遊ぶなら、「適当に開いたページを見回したときにランダムに目に飛び込んでくる項目」を自由気ままに渡り歩いてみたいじゃない?電子辞書だとどうしてもそういう俯瞰的な使い方が出来ないので、僕はやはり紙の事典が好きなのだ。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■参考書(03) 『新研究』

■『新研究』

■『化学I・IIの新研究』三省堂

オススメ度:薦めない


『化学I・IIの新研究』は、難関大受験生のバイブルとも言える、最も成功した参考書の一つだろう。

しかし敢えて言う。

あなたが現役生ならば、そして化学以外にも労力を割くべき科目があるのであれば、この本には近付かない方が良い。

あなたが浪人で、「化学はそれなりに得意」という自負があるのであれば、僕は止めはしない。止めはしないが、熟読して完全理解を目指そうなどと思わないことだ。

あなたは自分が「要領が良く、情報を取捨選択することに長け、一度読んだことは人よりも記憶に残しやすい」という自負があるのであれば、他の本を買うよりはこの本を薦めたい。


よく勘違いしている人がいるが、本書の「高校逸脱範囲」は東大や京大、東工大や阪大などの過去問から題材を拾っている。従って本書を通読してから過去問を解くとこの本がいかに「心強い」味方であるかのように錯覚してしまう。

しかし、東大化学で高得点を取りたければ過去問から作られたこの本を熟読するよりも、当の過去問をやり込んだ方がいい。得点力は演習からしか身に付かない。

この本を薦める人は、極めて記憶力・理解力に恵まれた頭脳の持ち主か、あるいはそういう恵まれた人の言うことを盲目的に信奉するスットコドッコイか、まぁそのどちらかだろう。

enaや小橋塾では、本書を生徒に薦めることは殆どなかった。他にもやるべきこと(他科目も含めて)がたくさんあるのだから。ま、そういう(誰もが知っているけれど誰もが読み込めない)点からもバイブルと呼ばれるのかも知れない。

なお、本書を「辞書の替わりに使うべき」という、しばしば耳にする意見にも賛同しかねる。辞書なら辞書でもっといい本があるからだ。大変偉そうな言い方になり恐縮であるが、本書をそのように使えという人は

1.優れた能力の持ち主で本書を読み込めたが、受験が終わってみるとオーバーワークだったなと反省している難関大合格者

2.本書を講義のアンチョコ、あるいはネタ帳の替わりにしている予備校講師や高校教師

3.それらの意見を鵜呑みにしているスットコドッコイ

のいずれかであろう。

あ、「参考書の悪口は書かない」はずだったのに。でもいいよね、一番売れている本なんだし、本書の悪口というよりは使い方を誤っている人への苦言なんだし。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■参考書(02) 『重要問題集』

■参考書(02) 『重要問題集』

数研出版編集部『化学I・II重要問題集』

オススメ度:総合問題集に迷ったらコレ


定番中の定番。総合問題集として基礎的なものからやや発展的なものまで全範囲をかなりカバーする。三省堂『化学I・IIの新演習』に比べても汎用性が高く、現役生がこれから本格的に勉強するなら『重要問題集』を薦めたい(ゼロからなら教科書傍用問題集を併用のこと)。

最難関レベルを受験する生徒ではしばしば本書を軽視して盲目的に『新演習』に取り組もうとする者も珍しくないが、総合問題集としては本書で十分であり、より速く一周できるこちらを繰り返し解く方がコストパフォーマンスも高いだろう。

かつて高校二年生の生徒で、本書を十日間ほどで解いた猛者(現役で理三に合格)もいるが、とにかく駆け足ででも全範囲に触れておくというのが効率的学習の基本であり、そのような目的としてもかなり使い勝手の良い問題集だろう。

欠点を挙げれば応用・発展問題の比重が少ないので、特定の分野の演習がどうしても不足する。従って東大や京大を受験するのなら他の問題集にも手を出したくなるだろうが、もはや総合問題集を買い足すよりは、東大・京大・東工大などの過去問や東大実戦・オープンなどの模試の過去問(市販)を演習する方がいい。それくらい、本書は踏み台としても良書である。

『重要問題集』は同シリーズの物理や生物のものに比べても満足度が高い。受験化学が独習しやすいとされる理由の1つは本書の存在によるところが大きいだろう。

余談だが、高校生の僕も本書のお世話になった。当時は解説が薄っぺらく、かなり(初習者には)扱いにくい問題集だった。それが今では豊富な図解を交えた説明が解説が付属していて、今の高校生は本当に恵まれているなあ。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■参考書(01) 『高校化学とっておき学習法』大川貴史

参考書や問題集について評論家じみたことをいう趣味はないのだが、余りに問い合わせが多いので、「これは」と思うものを簡単にメモしていきたい。なるべくオススメを紹介し、そうでないものの悪口は書かない。また、自分が使ったことのないものについては触れないので、触れないからといってオススメしないというわけでもない。

■参考書(01) 『高校化学とっておき学習法』


講談社BLUE BACKS『高校化学とっておき学習法』大川貴史

オススメ度:興味があればゼヒ


いきなり一般書で恐縮だが、今どきの高校生はBLUE BACKSすら読まなくなっているそうなので、丁度良い機会だからそこから一冊紹介しようと思う。

たぶん、ほとんどの受験生は、一般書を受験勉強の参考にしようなどと夢にも思わないはずだ。このテの本はなおさらに。でも、この本だけはせめて立ち読みしてから判断して欲しい。

本書は高校化学の全範囲をレクチャーするものではないし、ある分野では高校化学を少し逸脱し、大学教養レベルまで触れている点に注意したい。また、初学者には少し取っつきにくいと思うので、それなりに大学入試問題の基礎~標準レベルが解けるようになってから触れると良い。

実は、小橋がこの本の存在を知ったのはつい先月のことだ。某大学医学部に在籍し、家庭教師で化学を教えている教え子が、「先生の授業みたいな本を見付けました」と報告してくれたのだ。手に取ると、なるほど…彼女がそう思ったのも頷ける。

僕ごときが言うのも大変失礼な話であるが、この本の著者と僕とでは、「高校化学の中でもとりわけ何が大切か」という視線がかなり近いのだと思う。特定の分野の特定の話題を掘り下げているのだが、その着眼点が面白いほど共通する。

なお、上で「大学教養レベルまで触れている」と書いたが、僕は元々そういったことに否定的な立場である。

しかし、「高校化学の特定分野を本当の意味で理解する上で」、つまり「実際の入試問題に対応すべく、応用の利く形で理解する上で」、仕方なく触れざるを得ないのである。開き直って言い換えれば「それを高校化学で扱わない方がオカシイ!」と考えた上で塾生達に紹介してきた。決して好きこのんで大学の初歩を覗かせていたわけではない。

余談だが、BLUE BACKSには散々お世話になった。今まで(特に高校時代)何十冊読んだか分からない。サイエンスに興味はあるけれど専門書には手が出ない…そんなあなたにこのシリーズを強く勧めたい。量子論や宇宙論、遺伝学や植物学、光学や情報など、どの背表紙を見ても買いたくなってしまうはずだ(?)。

他にもオススメのBLUE BACKSはたくさんあるが、まずはこの一冊を読んでみると良い。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

■教えることと教わること

■教えることと教わること

「先生、クラスメイトに説明する(教えてあげる)のって勉強になりますね」
そういう受験生は大事なことに気付いている。

考えてみて欲しい、難関大を目指す受験生諸君。
君たちは来年の春から家庭教師や塾講師のアルバイトが出来る。いくらでも需要がある。東大に入ってバイトして、お金を稼ぎたいと思う人は少なくないだろう?

今は自分の勉強に一生懸命な君たちは、わずか数ヶ月後に、今度は教える立場に回るのだ。そこにちゃんと気付いているかい?想像できるかい?

僕は毎年の生徒にこう言ってきた。
「君たちは教壇に立っている僕の話を、『自分だったらこう説明するのに』『この説明はなかなか上手いな、家庭教師するとき真似しよう』『その説明じゃ、初学者には分からないよ…』、そういう目線で聴いて欲しい」

「別に家庭教師なんかやりたくないですよ」なんて言わずに聞いて欲しい。大切なのは、「誰かに自分の理解を伝えるということは、最低でも自分の理解が深く正確でなければならない」ということなんだ。人間は何となく理解していることを、何も理解していない人に何となく理解させることすら出来やしない。

人間は言葉で考えを伝える生きものなので、誰かに理解して欲しい抽象概念があれば、とにかく先ずはそれを言葉で表さなければならない。ここが第一関門だ。

次に、その言葉は相手が理解しうる形式に推敲しなければならない。この表現を相手はどう受け取るかな?と、常に自問する必要がある。ここが第二関門。

相手が理解したことを確認するのも言葉なので、相手の言葉を汲み取る力も必要だ。これが第三関門になる。

このキャッチボールを通じて自分の理解の間違いに気付く機会も得られるし、思わぬ新しい理解に到達することも稀ではない。僕が常に対話型の講義をしてきたのはここに重点を置いていたからだ。自分が学ぶために生徒を利用したと言っても過言ではない。(さらに言えば、講師生活の実感として、相手に100まで理解して欲しければ、自分は300を理解していなければならないということも記しておきたい)

人にものを教えるというのはそういうことだ。そして、例えば東大受験生のうち、既に教える側の視点で受験勉強している人が少なからずいるという事実を知って欲しい。

そうだな、例えば「酸化還元反応」という非常に大雑把な概念を、化学を初めて学ぶ高校一年生にどう教えるかい?「触媒」という言葉をどのように説明すれば、そこら辺を歩いている人に理解して貰えるだろうか?

そういうことをたまには考えてみるといい。自分が家庭教師や塾講師として、黒板の前にチョーク一本だけ持って立ったときに、どのような授業をするだろうか。

ほら、不安になっただろう?自分の理解がいかにあやふやなものか、恐くなっただろう?教科書を確認したくなっただろう?

そういう目線で勉強できればちょっと強いんじゃないか。

ま、分かる人が分かってくれればいい戯れ言だけれど。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

小橋哲之

Author:小橋哲之
小橋塾塾長

外科医

三児の父

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。